[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[0812] トラッド11 2機目その2


ASCENDEAD MASTERを聴きながら。

溶きパテ→塗装。
DSC04980.jpg
ベースとして全面に艦底色を塗って
筆で適当に。
ちびキットは楽です。

あ、背負った荷物は
オットリッチに付属の荷物です。
関連記事

製作途中のプラモ | CM 3│23時頃 |

コメント

御教え下さい
いつも楽しく拝見致しております。
非常に初歩的な質問なんですが…。
ppkさんがよく「溶きパテを塗って」とありますが、それは、「サフをぶわーっと吹く」というのとは違うのでしょうか?文字通り筆で塗るのでしょうか?それは、どんな効果があるのでしょう。鋳造表現でしょうか?
すいません。御教え下さい。

2009.08.13(Thu) 07:13 | URL | zui|編集

Re: 御教え下さい
戦車やMa.k系の方がよく使ってらして
自分はそれをパクっただけなんです(恥)

ガンプラみたいに塗装をエアブラシでムラなく均一にする仕上げの場合は
「サフをぶわーっと吹く」を使いますが、

塗装の筆ムラを活かして、ウェザリングをガッツリ入れる場合は
タミヤのラッカーパテを溶剤で溶いて平筆でぺたぺた塗ってます。
(広い面やでかいモノなど大量に使う場合は瓶サフ500番を使う時もあります)
溶剤で濃度を調整しながら、パテで筆ムラをランダムに作ってます。

下地が均一ではなく凸凹なので、
塗装時にもそのムラが影響しますし、
ドライブラシやウェザリングマスターのように
色を表面にこすり付ける塗装や汚し工程を行うと
筆ムラの凸の部分に色が乗って、いい味になったりします。
ひとつの面に、筆ムラによって沢山の色を残して
情報を増やして巨大感や重厚感を出すっていうことみたいです。
絵画的な感じでしょうかね。

パテの濃度を濃い目にして、筆で叩くように塗ったくれば
鋳造表現にもなりますし、オーラバトラーのように
生物感を出す皮膚のような表現も出来ると思います。

2009.08.13(Thu) 08:07 | URL | ppk|編集

 いきなりの質問に、早速お答えいただきまして、ありがとうございます。
 なるほど、あえて筆で溶きパテを塗って筆ムラを残す表現方法なんですね。
私もやってみます。

2009.08.13(Thu) 16:39 | URL | zui|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ppk.blog3.fc2.com/tb.php/1198-3130cae2

| main |

↓カレンダー

↓ブログ内検索

↓プロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。