[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[0721] 【第13話】テッカマン。

70年代後半の永井豪系ロボットアニメとは異質な感じの、硬質な絵柄の差を無意識に感じ取って見ていました「宇宙の騎士テッカマン」。

子供なりに、マッハGOGOGO、ガッチャマン、キャシャーン、ポリマー、とびだせ!マシーン飛竜なんかと同じ雰囲気だなー、と思ってました。制作会社の差を理解したのはタツノコが最初だと思います。特徴ありますからね。
特にテッカマンで印象に残ってるのは、苦しそうに変身するシーンと、アメフトのような怒り肩で強そうなヒーロー(ダイアポロンのようにモロそれではなく、オリジナリティがある感じ)。それと登場回を見た記憶が無い(笑)、敵キャラの「ガニメ」の格好良さ。今度改めて探して観てみます(笑)。
オタク第一世代の人たちだと、この頃はもう作品からSF性を読み取ったりだとかしてた時代なんですよね。自分はギリギリ「同じ漫画家の人が描いたんだろう」ぐらいの認識でした(恥)。

ちなみに後日、ガンダムのモビルスーツを初めて見た時「テッカマンだ!ガニメだ!!!」なんて思った記憶があります。そりゃ同じ人だもの(笑)。
関連記事

昔話 | CM 0│00時頃 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ppk.blog3.fc2.com/tb.php/1429-6f7d9e5f

| main |

↓カレンダー

↓ブログ内検索

↓プロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。