[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[0910] 【第27話】怪獣消しゴム。

70年代後半から80年代前半にかけて、世の中にいろいろな物事のリバイバルの波が訪れます。その波にのって、ウルトラマンも復活します。自分たちの世代が怪獣の洗礼を受けられたのは、この時代のリバイバルブームのおかげです。

怪獣ブームの肝であるウルトラシリーズがレオ以降中断していたり、ゴジラの映画も休止されてたり、怪獣たちにとっては70年代後半から冬眠のような空白期間がありましたが、ウルトラシリーズの再放送、コロコロコミックで連載され始めるフォトストーリーやコミカライズ。そしてこの怪獣消しゴムで怪獣の人気は次第に復活し、ウルトラシリーズの新作が製作されるまでに至ります(但しアニメでですが)。

不思議に愛くるしいバランスでディフォルメされた怪獣たちの消しゴム、商店の店先や近所のスーパーのガシャポン(ウチの地方はガチャガチャと呼んでました)を巡るツアーを毎日の様に辿って集めまくりました。そしてその怪獣たちの精巧なディテールに酔いしれました。お菓子の入っていた大きめの缶箱や、プラモの箱にぎっしりと子供のステイタスを詰め込んで遊び回った物です。

消しゴムは怪獣以外にも、スーパーカーやプロレスラー、力士、野球選手、モビルスーツ、いろんなものがありました。自分の記憶からは彼らのカラフルな色が鮮やかに残ってて消えません。私の頭の中の怪獣消しゴムです。

そしてまた同じような衝撃は数年後のキン肉マンの時にもう一度…(略
関連記事

昔話 | CM 0│19時頃 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ppk.blog3.fc2.com/tb.php/1461-586b8e1c

| main |

↓カレンダー

↓ブログ内検索

↓プロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。