[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[0919] 【第28話】妖怪なんでも入門。

小学館から刊行されていた、子供たちの知識欲を刺激する図鑑的な読み物、ハードカバーの「入門シリーズ」。前に書いた「まんが家入門」もこのシリーズです。

そのシリーズ内の、水木しげる先生監修の「妖怪なんでも入門」は、夜の闇になにか潜んでそうな恐怖の味わいを教えてくれました。中身は水木しげる画集といっても過言ではないほどの妖怪画のオンパレードで、おどろおどろしくも愛くるしい妖怪たちの姿に自分は恐怖と愛着を同時に覚えました。

そして、偶然なのかリバイバルブームのためなのか、60年代~70年代の物事や作品に興味を持ち始めていた早熟のガキに、この頃丁度過去作品の再刊行が増えていた水木しげる先生の作品たちを追いかけさせる事となります。
この行為は、単純に妖怪を知りたいというだけでなく、60年代の頃の怪奇ブームや、70年代の作品の中から感じられるその時代の空気を知りたい、というような、好きな物事のルーツ辿りをするような感覚でした。この頃既に懐古主義だった、たちの悪い小学校低学年がここにいます。

何故なのか妖怪や怪奇オカルト的作品ブームって周期的に訪れるみたいですね。鬼太郎も何度もアニメ化されてますし。
関連記事

昔話 | CM 0│00時頃 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ppk.blog3.fc2.com/tb.php/1462-f83a0738

| main |

↓カレンダー

↓ブログ内検索

↓プロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。