[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[1203] 【第36話】模型店。

ガンプラブームのおかげで、自分たちの交流の場所は商店から模型店や書店に移って行きました。模型店に寄ってから友達の家に行くのは普通、学校の帰りに模型店に寄って家に帰り、さらに友達の家に行く前にもう一度模型店寄ってみたらそこで友達にばったり、なんて感じでした。例の「HOW TO BUILD~」を発見したり「模型情報」「タミヤニュース」なんかを知ったのもこの頃ですね。

当時の模型店には、ガンダムガンダムうるさい小学生がひっきりなしに訪れるのでお店の方は大変だったと思います。更に大人(親?)たちの「ガンダム入荷してますか」の問合せの嵐、バンダイマークのついた配送トラックは小学生の自転車に延々と追いかけられるという恐ろしい時代でした。この異常ぶりは「プラモ狂四郎」第一話冒頭にも描かれています。

こんな状態なので、ガンプラは入荷しても店頭には並べられず、店の奥に隠されてて「ゲルググありますか」とか聞いて、店のオヤジの機嫌が良ければやっと出してくれる、みたいな感じでした。
この頃近所のいろんな模型店が増築、移転拡大してたので、実際売上げはかなり上がったんでしょうね。
関連記事

昔話 | CM 0│10時頃 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ppk.blog3.fc2.com/tb.php/1486-925c26a7

| main |

↓カレンダー

↓ブログ内検索

↓プロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。