[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[0413] 【第50話】トップをねらえ!

前回のイクサー1は、作り手自身が影響を受けたものを自分の手で再現しているような作品で、この頃はそんな言い方はありませんでしたが、「オマージュ」を全面に強く打ち出した作り方に衝撃を受けました。あ、やっていいんだ、みたいな(笑)。

「レディウス」とか「ヒカルオン」とか、パロディなのかオマージュなのかどっちとも取れるような作品も沢山出てきました。しかし自分的には元ネタ探しぐらいしか楽しめる方法が見つからず、イクサーほど高まりませんでした。そしてそのイクサーが完結した頃、「オマージュ」を見事に作品内に昇華して取り込んだ作品に出会いました。「トップをねらえ!」です。

過去のアニメックで慣れ親しんだ「ゼネプロ」の面々は既にビッグネームで、大作「オネアミスの翼」に続く新作ということでチェックはしてたんですが、アニメ雑誌で見かけたタイトルと設定でただのパロディ作品と勘違いしてました。しかし実際には上辺を「エースをねらえ!」でカモフラージュした、特撮作品やスパロボ系、ヤマトなんかのテイストがふんだんに盛り込まれたハードな作品で、話数を重ねるごとにドハマりしました。

と同時に、新たなメディアとして期待されていたOVAで、本当はこのぐらいのクオリティのものが最初から期待されていたんじゃなかろーか、と既発作品に対してがっかり感を高めたり、粗製乱造で荒れたTVアニメには既に見るポイントが無いなー、なんて斜に構えた見方をするようになったり。

良くも悪くもこのあたりのTVアニメとOVAの質に対して「気づかせて」くれたような作品でした。
関連記事

昔話 | CM 0│00時頃 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ppk.blog3.fc2.com/tb.php/1561-0fbe3d5e

| main |

↓カレンダー

↓ブログ内検索

↓プロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。