[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[0419] MSVはじめて物語「SFプラモブック」

MSVはじめて物語の最後を飾るのは、以前も紹介したリアルタイプカタログです。
DSC_9693.jpg
前回発表された没メカたちもキット化され(掲載されている作例はスクラッチですが)、ガンプラバブルも膨らむ一方でした。
DSC_9692.jpg
明らかに「ガンダムセンチュリー」の設定を受けた後で描かれた機体ですね。どうやら06Rの初出はこれっぽいですが、奥付は1982年4月になってます。で「HOW TO BUILD GUNDAM2」は1982年5月。え?え?ほんと?模型情報とかで先に載ってたんじゃないの?

この本の半年後には、イラストや「HOW TO~」でしか見ることのできなかった06Rもキット化が発表されます。作品からスピンオフして生まれたMSVが一人歩きを始め、本編に依存しない展開でシリーズも進んでいきます。アニメムックが主導だった発表の場も、これ以降MSVは模型情報やコミックボンボンが初出になって主導権が移っていきます。

ブームも徐々に沈静化し、ガンダムファンが落ち着きを取り戻す頃、ガンプラファンとして残っていた人種は他作品や他ジャンルに移ったり、プラモデルを卒業していったりしました。体感的には1984年に入る頃にはもうMSVのプラモ人気は沈静化していたように感じます。そして実際に、1984年12月の1/100パーフェクト・ガンダム発売が最後になりました。

1981年5月「劇場版アニメグラフブック」から3年7ヶ月。長いようで短かかった日々にどれだけの人間が夢の中にいたんでしょうね。



…あ、こんないいサイトあるじゃん…今までの記事無意味やん…
関連記事

道具・資料 | CM 0│10時頃 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ppk.blog3.fc2.com/tb.php/1720-d36de11a

| main |

↓カレンダー

↓ブログ内検索

↓プロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。