[1127] パンドラ その1

「かぐや姫の物語」見ましたー。面白かった!
賛否ありそうな昔話の改編、自分的には良かったと思います。比較したくないけど「風立ちぬ」よりこっちの方が全然好きです。BD買おうか悩むぐらい。筆タッチの絵はあまり見ない手法なので最終到達点がわかりませんが、とにかくめちゃめちゃ動くので、小田部洋一さんのタイガーマスクみたいな迫力がありました。

でも同時期に、両監督がこんなに「嫌な感じ」なストーリーを作るとは思わなかった…。




パンドラの箱を開けてしまいました。ギシン星戦闘メカを一気に片づけてしまおうシリーズの一環です。

こいつは11話だったかな。なんだかモヤモヤするやられっぷりで…

敵衛星の細かい部品がバラバラと組み合って合体していって、バカでかいパンドラになります。主だった武器がクチバシ?と尻尾、首の付け根の両脇の砲塔から発射されるビームですが、発射箇所が違うだけでどれも同じようなビームです(笑)ツバサ先端のハサミでガイヤーを捕まえて電撃的なビリビリ攻撃もしてましたね。最期は何故やられたかもわからない感じでファイナルゴッドマーズでや始末されました。巨大だったはずなんですが、ゴッドマーズとの対比の絵も無いため、どのぐらいでかかったのかがイマイチわかららない感じで、サクッと退場でした…。
IMG_1900.jpg
というわけで、思い入れがどうこう言う感じのエピソードでもないし、なんとも言えない個性のメカなので、出来に関してはほんとにどうでもいいというか(笑)いい線なんじゃないですか?

継ぎ目消しの為にバラバラに進行した方が良いかな、とも思ったんですが、そんなことしてたらあっという間にジャンク箱に突っ込みそうだったので一気に組み立てました。継ぎ目消しはこれからです。
関連記事

製作途中のプラモ | CM 0│15時頃 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ppk.blog3.fc2.com/tb.php/1907-dc199f87

| main |

↓カレンダー

↓ブログ内検索

↓プロフィール