[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[1021] ミンキーモモ【ノンスケール バンダイ】

IMG_3095.jpg

ミンキーモモの放送が始まった頃、自分は思春期に突入し始めた感じの頃。

当然女児向けの番組を堂々と見られるほど図太い神経なんて持ち合わせない自分は、模型店でキットを買うことも気恥ずかしく「ミンキナーサが欲しくて仕方なく買ってるんだ」と脳内で自分に言い聞かせながらレジへ運んだものでした。

キットを買うぐらいだから当然放送も楽しく見てるんですけどね。
IMG_3096.jpg

というか女児向けアニメの主役キャラを、メイン層は当然男の子中高学年向けのプラモデルで発売するってのは血迷ってますよね当時のバンダイ。当然ラムちゃんキット化の成功があってこそなんですが、「うる星やつら」は少年サンデーだし、最初から男の子向け。「大きいお友達」向けっていう視点を発掘した点に対しては、このキットが成し遂げた偉業ですよね。

そんななので当時こそこそ作ってたせいで、記憶もはっきりしないので今改めてちゃんと向き合いたい、と思って作りました。

IMG_3097.jpg IMG_3099.jpg
IMG_3104.jpg IMG_3101.jpg
IMG_3098.jpg IMG_3102.jpg
IMG_3103.jpg IMG_3100.jpg

当時はうまく塗れませんでした。
でもモモ見てたころ、席が隣りだったクラスメートの女の子もモモ見てて、その話ができるのはその子だけだったので完成したモモのプラモをあげた記憶があります。パンツの中のデカールにえらく引かれた記憶が…ちょっと好きだったのに…(笑)。

なので今回は塗装を丁寧にすることだけを目標に作ってます。艶のコントロールさえなんとかすれば大丈夫、と言い聞かせながら。
ただ、配色がド派手なので、赤青黄ピンクをそれぞれ相性が合うように混ぜたりしてます。赤はガイアのスカーレット。朱色寄りの赤を選んでおいて、黄色もクレオスの黄色にクリアオレンジを足したりして赤味を強めに。ベストの青もコバルトブルーにクレオスの蛍光ピンクで赤味を上げてます。クレオスの蛍光は染料系なので発色をよくするのに混ぜて使いやすいです。ピンクは長年使ってる調合したピンクに純色マゼンタを足して作りました。
唇と頬にピンクのパステルを粉にしたものを綿棒でこすりつけて、瞳のデカールをはった後で瞳ジェルクリアを塗ってます。パステルはいらなかったかなー…

パンツの猫デカールも後ろにちゃんと貼ってますが写真は撮りません。好きな子に引かれるから…。
でも後ろでいいのか?変身後のモモが前面プリントをはいてるシーンがあったりするから、前でも正しい気がするけど…。

製作ログ↓
ミンキーモモ その1
ミンキーモモ その2
ミンキーモモ その3
関連記事

その他一覧 | CM 0│21時頃 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ppk.blog3.fc2.com/tb.php/1986-27e4e38c

| main |

↓カレンダー

↓ブログ内検索

↓プロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。