[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[0426] スミ入れ専用塗料


届きましたスミ入れ専用塗料。
ぶっちゃけエナメル薄めただけだと思ってました。

ま実際そうみたいなんですが(一応最適化されてます)、使ってみたらもう超便利! ビン蓋に筆がついてるので空けたら即スミ入れ可能(当たり前)。そのぐらいは他の模型ブログでも散々書いてありますよね。

スミ入れって、エナメル空けて多めに薄めて、塗料作っちゃってるから最後までやらないと終われない感じで、多少意気込みがないと始められない作業です。

それが、ビンであることの利点「いつでも始められる」ってのに加えて「蓋を閉めれば中断可能」ってのはかなり大きいですね、時間のない自分にとっては。

グレーにもう一段濃い色が欲しいですね。とりあえずこのビン単体で売ってくれれば好きな色でブレンドして使えるなあ。どーですか。

道具・資料 | CM 0│22時頃 |

[0419] MSVはじめて物語「SFプラモブック」

MSVはじめて物語の最後を飾るのは、以前も紹介したリアルタイプカタログです。
DSC_9693.jpg
前回発表された没メカたちもキット化され(掲載されている作例はスクラッチですが)、ガンプラバブルも膨らむ一方でした。

read more...

道具・資料 | CM 0│10時頃 |

[0418] MSVはじめて物語「劇場版ストーリーブック」

本題の前に、さすがに力尽きたのかネタが尽きたのか、1981年10月発売のストーリーブック4には正式なMSV画稿は掲載されていませんが、表紙周りにパーフェクトジオングの設計図的な画稿が掲載されています。
DSC_9707.jpg


そして、年が明けて「めぐりあい宇宙」の公開時に発売されたムック本の「劇場版ストーリーブック」です。

read more...

道具・資料 | CM 0│13時頃 |

[0417] MSVはじめて物語「劇場版アニメグラフブック2」

DSC_9710.jpg
まだまだ続きます。あと2~3回分ぐらい。

1981年9月の「哀・戦士」編の劇場版アニメグラフブック2には主だったMSV機は掲載されていません。
しかし劇場版2本目という大イベントにあわせて大量のイラストが掲載されました。

read more...

道具・資料 | CM 0│00時頃 |

[0412] MSVはじめて物語「ストーリーブック2」

前回までのあらすじ、1981年5月講談社「劇場版アニメグラフブック」に迷彩ザク・06D・06M・06Kのイラストが掲載、その後9月に「ガンダムセンチュリー」でザクバリエーションなどが確認され、06Rなんかの存在が明らかにされました。

で、今回は「ストーリーブック2」です。
表紙からもうMSVチックな雰囲気満載ですね。いかに当時、こういった「リアル」感の需要が高かったかがわかります。
DSC_9701.jpg

read more...

道具・資料 | CM 0│15時頃 |

[0411] MSVはじめて物語「劇場版アニメグラフブック」

前回のガンダムセンチュリーに先駆けて、ザクのバリエーションが掲載されてたのが、当時講談社から出ていた「劇場版アニメグラフブック」なんですね。
DSC_9695.jpg

read more...

道具・資料 | CM 0│19時頃 |

[0410] MSVはじめて物語「ガンダムセンチュリー」

MSVの記録を辿るシリーズ記事です。ここらへんはガンプラ・ジェネレーション―機動戦士ガンダム20周年記念出版を参考に調べました。
DSC_9690.jpg
MSVを語る上で外せないのは「ガンダムセンチュリー」です。

read more...

道具・資料 | CM 0│12時頃 |

« back | main | next »

↓カレンダー

↓ブログ内検索

↓プロフィール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。